注文住宅のミリョク ~ あなたの希望を叶える業者選び ~

不動産

宅地か広さか

宅地かどうかの確認を

不動産

農地転用という言葉があります。市原市周辺で土地を購入するとき、農地であった場合には農地転用申請を出さなければ家を建てることができません。直接見に行って農作物が植えられているのか、埋め立てが必要化などを確認してから契約してください。市原市周辺には農地も少なくありません。購入する際には農地かどうか、農地の場合には転用されているものか、埋め立てられているものかを確認してください。勝手から様々な費用がかかる場合にはお得な買い方とは言えません。また、宅地であっても周辺の住民に対して情報を得ておいたほうがいいでしょう。周辺で信頼できる人がいるかどうか、万が一のときに頼りになる人がいるかどうかで、すみやすいかが決まります。

広さだけで買わない

市原市周辺では地価が比較的リーズナブルなので、土地購入は比較的スムーズに手ごろな地価で購入できます。しかし、ネットなどの情報だけで購入してしまわずに、広さや地形、更に物件の土地の地盤が固いかどうかをも確認してから買ってください。土地の情報は詳しければ詳しいほどに安心して購入できます。市原市周辺で一戸建てを立てられる程度の広さを持つ土地は多いのですが、物件によっては立てるのが難しいほど形状に問題がある可能性も少なくありません。また、物件によっては土地の地盤についても調べたほうがいい場合もあります。そこで、物件を購入する前に不動産業者に必ず確認すること、実際に見に行くことが買う前に必要なポイントです。